糖尿病の治療を進めていこう|安心の生活を実現

病院

食事と運動が大切です

男性女性

症状を悪化させない

糖尿病の治療には、大きく大別して3種類の方法があります。食事療法と運動療法、そして薬物療法です。糖尿病は、高血糖状態によって起こる病気なので、どこかの臓器を手術すれば治るという病気ではありません。外科的治療は、合併症が進行し、他の臓器が機能しなくなった場合に対処療法的に行われることがあります。ですが、手術は糖尿病の根本的な解決にはつながりません。治療で大切なことは、食事、運動、薬という3方向から血糖値をコントロールして、症状を悪化させないことです。即刻、糖分や栄養の過剰摂取をやめて、カロリー制限をする必要があります。飲酒や高カロリーの食事、食べ過ぎ、暴飲暴食は、症状を悪化させます。この病気の初期は、自覚症状が感じられずカロリーオーバーしがちなので注意が必要です。

毎日の運動は必須です

食事と並んで大切なのが、毎日の運動です。運動は、インスリンの分泌と密接に関わっています。インスリンのはたらきを活性化させるためにも、有酸素運動など、負荷の軽い持久的な運動の継続が必要になります。負荷の重い運動を行って、次の日休むのではなく、軽めの運動を続けることが大切です。運動のプランは、医師と相談して決め、一生運動を欠かさない強い意志で臨むことが重要です。自分に甘く、運動を怠ると糖尿病は徐々に進行してしまいます。治療には、生活習慣の改善が外せません。食事や運動だけではコントロールできない場合、薬物療法も取り入れます。定期的に薬を飲んで、血糖値をコントロールします。ただ、副作用のリスクを認識する必要があります。