糖尿病の治療を進めていこう|安心の生活を実現

病院

生活習慣病を考えます

医者

今後の増加が見込まれます

日本で庶民に普及していた伝統的な食事内容は必ずしも栄養価が高くはありませんでしたから、現在の壮年期頃には既に顕著な老化症状が認められていました。ただし、バランスのとれた栄養摂取が可能であったため、食生活が変化して増加傾向が続いている糖尿病等の生活習慣病に対するリスクは極めて低いことで再評価が進められています。ただし、食生活という日常的な習慣に依存する要因であるため、当面は糖尿病の治療を必要とする患者の増加が続くことが予想されます。早期治療に繋げるための研究も進められていますが、依然として開発途上にあるので長期的な取り組みが必要になる現状に変化はないと予想されます。ただし、特効薬が開発されれば、状況は大いに変わるでしょう。

日常的なケアが大切です

糖尿病には症状や原因次第で数多くの分類が行われているので、その症例に応じて治療内容も変わります。どの症例でも早期発見による糖尿病治療が重要であることに変わりありませんが困難であるため、長期的な取り組みが必要になる傾向にあります。長期間に亘る改善を行う必要があるので、日常的なケアが大切になります。栄養成分が密接に関係している疾患であるため、食事療法は他の治療効果を促進させることに繋がります。一方で、薬物療法は効果を実感しやすくて効率的な糖尿病治療として医療機関で一般的に行われていますが、副作用が出ることも珍しくありません。食事療法は副作用がない上に薬物の副作用を予防するためにも役立つので、広く併用されています。